スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017春 SDA王滝 レースレポート

100km完走。8時間38分。

過去最低のタイムだけども、
今回の失敗を反面教師にすべく記録しようと思います。
箇条書き風で読み難いのはご容赦くださいっ!

IMG_0803-2afc3.jpg



気温 朝11℃ 日中33℃
夏用のインナー、レッグカバー

補給食
ハイドレーション: 酸素水1L+TOPSPEEDタブレット4個
ボトル:ジェルMAG-ON6個+酸素水 レモン味カフェイン入り
固形食:ブラックサンダー3個 ハニースティンガーワッフル1個


以下レースレポート。

2017_0521_06005200.jpg


出だしはイーブンペースを心掛ける。踏めるのをあえて我慢。

2017_0521_06585900.jpg


1時間ごとに休憩を心掛け、都度ストレッチとブラックサンダー補給。

2017_0521_08105500.jpg


降車すると乗り出しがシンドイ1CP(33km)はあえてパスして、
35km時点の山頂にて休憩、ワッフル食べた。
ここまでのペースは狙い通りいい感じで丁度3時間手前。
獲得標高は(1200/2500m)なのでほぼ半分ぐらい登ってる。
目標の7時間台を十分狙える感じ。

35kmイマココ。黄色矢印
170525MAP-35.jpg



2CPまでの平坦区間は結構ハイペース。
平坦からの登りも比較的苦も無く登れた。

2017_0521_09313000.jpg


ここでハイドレーションの水が切れた。
多分暑くていつもより多く水分を摂ってたのと思う。
この時点ですでに大量の汗も掻いてたし、
道中の天然エイドで補給すれば良かったのに、
あと5kmぐらい登ったら2CPだと我慢を選択した。

59kmイマココ。黄色矢印
170525MAP-59.jpg


たぶんこれが失敗w


2CPで水をがぶ飲み。すでに軽く熱中症になってたかも?
2CPを出て長い下りのあとは、「5月の鬼門①」と名付けた上り返しのゲキサカ。
前半をくるくると登って行ったが、胸やけが酷くなりバイクを降りた。
後半は徒歩。胸が気持ち悪く心臓がバクバクする。
ジェル、ミネラルタブレットも摂取するも胃でつっかえて消化していない感じ。
軽い空腹感も感じるようになった。
流石にこれはまずいと思った。

2017_0521_08032200.jpg


69kmイマココ。黄色矢印
170525MAP-69.jpg



3CP到着。かなり気持ち悪い・・・吐きそうだ。
エイドでは銀のシートを巻いてぐったりした選手がいる。
DNFが頭をよぎる。少し悩む。
でも、これでやめたらまたリベンジで来年こなきゃならないw
しかも帰りは10kmほどの自走・・・。
続ければ12kmの登り、あとは6kmの下りだけ。やはり完走しかないな。
長めに休みを取り、エイドで貰った水を頭からかぶると次第に楽になってきた。
貰ったパワーバーを水で流し込みスタートした。


しかし、ここからがいかにもSDA王滝らしい試練が訪れる。
走り出してすぐ症状悪化。ハンガーノックだと気づく。
たった5%が登れない踏めない。続いて足攣り。
しゃがみ込んで痛みが去るのをじっと待つ。
ひとまずロックシェッドまで移動し、日陰でぐったり倒れる。
おおよそ10分ぐらい。目の前をたくさんの選手が通り過ぎる。
もう7時間台の目標なんかどうでも良くなった。
口にしたものが全く吸収されて無いんだと気づく。
消化しないので効き目が疑問だけど、とりあえずコムレケアを飲む。

78kmイマココ。黄色矢印
170525MAP-78.jpg


それよりもどうやってここから進もうか。とりあえず押し歩き。
脚の痛みがマシになったぐらいから再び乗車。
負荷が掛かっても掛からなくても脚が攣るのでギアセレクトを頻繁にしてしのぐ。
今時フロントトリプルだが、インナーローの存在に助けられた。

そして、いよいよ「5月の鬼門②」のゲキサカに到着。
リュックを開け、着ていたインナーとレッグカバーそしてグローブを外し詰め込む。

80kmイマココ。黄色矢印
170525MAP-80.jpg


ここから2kmほどのゲキサカは押し歩きで登る。
乗っても脚攣るし、押した方が確実だろうと思った。
ようやくゲキサカも終わり、最後の下りが始まるまでの残り6kmは
猛烈な空腹感と干からびた感覚の中で苦行の行進。
休憩を挟みながら、少しずつ前に進んだ。

やがて最後の下りが始まり、ゴール。

2017_0521_14411500.jpg


内臓がやられてしまい顔がゲッソリ。
笑顔も作れないw
でも脚は余りまくっていて、次の日に筋肉痛にすらならなかった。

今回は暑さ対策がNGだった。
熱中症になる→胃痛で消化できなくなる→足攣り+ハンガーノック誘発。。。
体がシグナルを送って来てからでは手遅れなんだなぁ。勉強勉強。

へたりこんだ時に気遣って声を掛けてくれる選手もたくさん居た。
みなさんありがとうございましたっ!
同じゴールを目指す者同志。胸が熱くなります。

20170520_174445.jpg


「超戦」ステッカーにも何度も励まされました。^^
スポンサーサイト

2014年5月 SDA王滝42km参戦 

2014年5月 SDA王滝 参戦記 

本番当日。4時前に起床。
1回目のトイレと宿が用意してくれたおにぎりを食べ会場へ向かう。




会場到着後ゼッケンや持ち物をセットアップする。
パワーバージェル4本、メイタンCC4本、CCDのボトル2本、
コストコで買った黒糖のお菓子(1本50Kcal)2本、
塩分タブレットラムネ2個。
コース図をハンドルに取り付け ← サイコンより大活躍!
後は、ファーストエイドセット、簡易工具一式、チューブ二本、CO2二本。

42kmレースのミドルコースとはいえ距離にして、
11km+48km+3km=62km 獲得標高1700mのガレ登りはある上、
途中にコンビニなんかなく、なにがあっても全てセルフサービス。
日本一過酷なクロスマウンテンレース。
それがSDA王滝。
・・・の42kmですが(笑

ともあれ。最低限のものをそろえても、装備重量はゆうに5kgは超える。

DSC04814.jpg


2回目のトイレを済ませ。
100kmのスタートを見送る。

DSC04815.jpg


「42kmの人は急いでスタート地点に移動してくださ~い」
のアナウンス。

そうなんです。我々42kmのスタート地点は11kmも先にあるんです。
しかも延々登りの道。あわてて移動開始。

DSC04816.jpg


道中の自然湖で記念撮影。


DSC04818.jpg



移動だけで消化するのがもったいない!
到着がギリで行列のほぼ最後尾に並ぶ。


DSC04819.jpg


念のため、3回目のトイレに入っておく。

スタートの号砲が遠くに聞こえる。
2分ほどしてから動き出し
そのまま集落一周のパレード走行。

なかには一輪車の方がいたのに驚いた。
マウンテンユニサイクルと言うらしい。


DSC04821.jpg


もはやこの方は王滝名物となっているらしい。
撮影をお願い、快諾して頂いた。^^


計測ポイントを通過していよいよ本当のスタート。

DSC04822.jpg


最初の8kmはオンロードの登り、ほぼ最後尾なので
負担のない程度にジワジワと順位をあげておいた。

DSC04823.jpg


三浦貯水池からオフロード登りになる。そこそこの勾配に団子状態。


DSC04824.jpg



タイヤの接触が多く、逃れるために道が悪いルートを
トレースしてダッシュ!結構足を使ってしまった。;;


その後、一旦登った山をスタート地点まで長~~~い下り。


下りの振動でお腹も下ってしまった。
スタート地点を通過するのだが、そこに設置してある簡易トイレ。
急きょ4回目トイレに駆け込む。

後ろでほぼ一緒に走っていたたけちゃんの姿が遠ざかっていった・・・。

2分ほどロスして再スタート。

たけちゃんはいつもの練習だと、
足が攣るかハンガーノックになるかで失速するので、
いずれ追い付くだろうと高をくくっていたがその後追いつくことはなかった。(;´Д`)

前日のプロの指南はたけちゃんに大変なものを与えたようだ。

CPを2時間20分ほどで通過。エイドでパワーバーと水を頂いた。

DSC04829.jpg


チョット補給が足りていないので助かった。
走りながらの補給は思ったより難しい。フラスクは絶対必要だな。


その後は猛烈な檄坂とガレが続くルートに。

DSC04833.jpg


余裕がなくて写真も取れない。最後の6kmほど続く下りでは
あり得ないスピードに・・・なんか頭のネジが飛んでたようです。
「42kmコース45km地点残り3km」の看板。
もうすぐゴールだ。
アレ?・・・なんかおかしくね??



ほどなくしてゴール。


1401023728836.jpg


先にゴールしていたたけちゃんと合流。


力尽きて、そのまま倒れていました。

DSC04834.jpg


つきひかりもこの有様。


DSC04836.jpg



一息入れて会場へと帰還。
振舞われていたトン汁を頂き(ホント旨かった~。)


DSC04841.jpg


リザルトを確認。


1400987752322.jpg

おおよそ430人中155位でした。
まずまずなので満足!


着ていたジャージのおかげかもしれない。w

最後にゴール後のキメ顔をアップしておきます。

DSC04835.jpg



DSC04838.jpg



あ~~シンドかった~~~・・・。



DSC04839.jpg

2014年5月 王滝ファンライド 

すっかりFACEBOOKのみになっていましたが、将来の反省や思い出を残す意味を込めて
久しぶりにブログでもアップしたいと思います。
記事は重複しますが・・・。


DSC04810.jpg



初参戦となるSDA王滝42km。
その前日にあるファンライドへ参加してきました。





AM5:30に自宅を出発。AM11前に会場に到着。

イソイソとMTBの用意をする。

DSCF0575.jpg


会場へ向かう。

DSCF0570.jpg


TOPEAKのブースでたけちゃんと繋がりのある池田祐樹選手に会い記念撮影をしてもらう。


DSCF0571.jpg


つきひかりも便乗してイルポタポーズでキメて頂いた。


DSCF0573.jpg

キングオブ王滝になんてことをっ!!
という非難を華麗にスルー。

エントリーをすませ、ファンライドへ参加。

DSC04793.jpg


乗車前の点検方法や効果的なストレッチの仕方などを習う。

思わず、なるほどっ!!ってなった。

普段から無関心にもほどがあるってことですが・・・。^^;

DSC04799.jpg


プロのクロスマウンテンライダーの國井選手、山中選手と軽く?トレイルを走る。

同時にアドバイスや相談を受けたりできとても勉強になりました。

とくにたけちゃんは根掘り葉掘り。


目から鱗がボロボロ落ちていくのが
傍らから見ていてもわかる位だった。^^;


落ちた鱗を回収しておかないと大変なことになりそうだなぁ~。
と思っていたことが次の日の本番で現実のものとなる・・・。



そして、懲りないこのオッサンは山中選手にもイルポタポーズを強要。
(快くお付き合い頂き感謝!みなさん優しいです。^^)


DSC04805.jpg


ちなみに山中選手は今大会で優勝(@@;
おめでとうございます!!


最後は王滝の雰囲気を味わえる所までご案内頂いた。

DSC04808.jpg


走りながらラインの取り方、注意事項とかのアドバイスなど頂いたことが
本番ではものすごく役にたった。

本番の好成績(自分なりのですが)はこの日があったからだと思う。


この日はそのまま前夜祭には出ず。
アドバイスに沿ったポジション修正や休息に当てる為に早々に宿へ向かった。

DSCF0578.jpg


つづく。

丹後半島一周ポタ動画

動画をコッチに張るのを忘れてました。^^;
遅まきながら投稿。





2013丹後半島一周ポタ?

10/13日

チームきゃうちゃん丸投げポタ会の活動である。
丹後半島一周ポタ?
へ参加してきました。^^

もともとこの企画は、
つきひかりがいいだしっぺ。

なのに初回参加以降4回目となる「ポタ?」にもかかわらず、
今回が2回目の参加。
丸投げを引き受けてくれたnobさんが優秀なので、
初回から丸投げ状態。w

nobさんありがとうございます。^^


今回のポタの参加者は
MURAさん、きゃうちゃんさん、ケンターニさん、
ナッキさん、hondaさん、nobさん、そしてつきひかりの総勢7名。


しばらくランやMTBでご無沙汰していたので
なんだか小さくなってました。^^;



当日の朝4時。

自走参加を涙ながらに断念したケンターニさんと
車で「てんきてんき丹後」へ


131013-01.jpg

みなさんとご挨拶を交わし、
総監督の有難いお言葉を拝聴する。

ほどなくして出発。

131013-02.jpg


空は青空。風もなく、これから美しい景色が広がることが
容易に予想されるため心が躍った。


131013-03.jpg


期待通り、「山陰海岸ジオパーク」と呼ばれる
経ヶ岬~丹後松島のエリアは美しく、
ポタリンガー?達の足を止める。

131013-05.jpg


天の橋立では「又覗き」という風景の楽しみ方があるのだが、

丹後半島では↓このように見るのが習わしのようだ。w

131013-06.jpg



↓経ヶ岬の航空自衛隊付近。
このあたりの棚田でヤギさんを見つける。
慌てるヤギさんにちょっと驚いた。


131013-07.jpg


経ヶ岬の灯台へは行かず、そのまま丹後松島の絶景を楽しむ。

131013-08.jpg


131013-10.jpg


もう何回止まっただろうと言うぐらい記念撮影を繰り返す。
もちろん、それぐらいの価値があるんです。

131013-09.jpg


繰り返す記念写真も次第に
撮られる側に芸を要求するように変わっていく。w

131013-11.jpg


チームきゃうちゃんのポタ?には頭脳も必要なんです。


MURAさんは無駄な周回路を回ったり、
つきひかりが無駄な激坂に突入したりと

それぞれが役目を果たす。w

131013-13.jpg



そうこうしている内に伊根の道の駅へ到着。


ここで昼食の予定なのだが、まだ開店前だった。


131013-14.jpg



最近待つのに慣れてきましたワ。たけ井で。^^;


131013-15.jpg

つきひかりは海鮮丼を注文した。


131013-16.jpg


新鮮で厚肉で美味しかった。^^

食後は伊根の町をポタリング。

131013-17.jpg


秘密のトンネルからMURAさんが登場したり・・・。


131013-18.jpg


一通り堪能した後は天の橋立方面へ移動。
ココへは寄らず緩い山越えへ。


131013-19.jpg


今回のルートは網野から木津温泉、夕日ヶ浦を抜けるルート。
去年カニを喰いに来た時に通った道を通る。


131013-20.jpg


夕日ヶ浦のスーパーにしがきにて補給。


131013-21.jpg


涼しいのでついつい水分を摂るのを忘れる。
ここは反省点。


ここからの地図を見ると、つづら折れのルート。
想像通りのアップダウンの道だった。


131013-22.jpg


展望台らしき所に到着。


131013-23.jpg


nobさんがイルポタのポーズ指差す方向には・・・


131013-24.jpg


久美浜湾と外海からなる「小天橋」が見えた。
夕日に照らされなんともキレイだ。^^


ここから網野に戻り間人方面へ移動。


131013-25.jpg


nobさんオススメの三島神社付近で、サンセットを堪能。


131013-26.jpg



年賀状用にけべっちゃんを立てかけて撮影・・・


131013-27.jpg


シャッターを切ったすぐ、風に煽られてがっしゃ~~ん。


131013-28.jpg


塗装が一部剥げちゃった。il||li_| ̄|○il||li


131013-30.jpg

↑つきひかりの為に泣いてくれているnobさんの図。ンコではないっ!




131013-29.jpg


ここではみんないっぱい写真撮ってましたね。^^



最後には間人にあるスイーツ所、クロックミルさんでほっこりとする。


131013-31.jpg


小一時間程談笑している内に
すっかり暗くなった。


131013-32.jpg

デポ地のてんきてんきまでは僅かですが、
ライト無しだと真っ暗で怖いだろう。


131013-33.jpg



最後は総監督のあいさつにてポタ?終了。^^




この後は、みんなであしぎぬ温泉に行き、ラーメンを喰らって解散となりました。


なんだか、盛りだくさんで楽しいポタ?
だったんですけども、
書くこと多くて、ギブアップ。

これぐらいで勘弁してやってください。^^;


というわけで、今回遊んでくれたみなさん。
ありがとうございました。^^


プロフィール

つきひかり!

Author:つきひかり!
健康診断に引っ掛かり、慌てて体を動かしはじめました。
2008年にロードバイクを購入。
週末のポタリング中心でしたが、2009年春からジテツウを開始。
同時にどこまで自転車に乗れるかマイペースながら挑戦をしています。
もともと天体観測やラーメンが好きな文化系のおっさんがどこまで成長できるか!?

通勤にはクロスバイクのTREK7.3FX、ロードバイクはピナレロF3:13に乗っています。

2010年に

メインバイク F3:13→KUOTA KEBEL
通勤、ポタ 7.3FX→GIANT SCR2
お買い物用 7.3FX

に変わりました。
どれもイイ自転車です。^^


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。