2015春 SDA王滝参戦記②

本番当日。

実は、カメラをレース中に紛失しました。
ほぼ文字のみの記事になります。



ちなみにコースはこんな感じ。

1505247.jpg


距離が微妙に間違っていたけど。自作したマップです。





起床~スタート

AM3時に宿泊先の旅館で起床。
準備を済まし、AM4時に朝食を頂く。
それから会場へ向かい5時前頃にバイクをスタート地点に並べた。
外気温が8℃と寒く、時間になるまで車で待機。

15分ほど前にバイクに戻り、カウントダウンを待つ。

御嶽神社の神主さんのお祓いが始まり、御嶽山に向いて二礼二拍手一礼をする。
道中の無事、そして山へ入らせて頂きますと心の中でつぶやいた。

午前6時。スタート!

ついに自己発見の長い一日が始まった。


スタート~CP1

まずは4km程のオンロードをパレード走行。
とはいえ、位置取り合戦がすでに始まっている。
今回は完走が目標なので無理に前に出なかった。

程なくしてオフロードの登りに入った。
この最初の登りで標高900mからこのコースの最高地点、
標高1600mまで一気にあがります。
獲得標高は1000mぐらいでしょうか?


登りに入ると、たくさんのライダー達で渋滞する。
あまりの遅さに堪えきれず、ラインの悪い所をグイグイ登って行った。
山の中腹位までグイグイ登り、結構な人数を抜いた。
一緒に走っていたたけちゃんの姿もなく、
どうやら置いてきたようだった。

よし!調子がいいぞ!と思った矢先、

足がぴきーーーん!

やべ、この違和感!攣る前兆だ!
無理が祟ったようだ。

よく考えたら、標高で一気に700mも登ったことなんてなかった。
しかも未舗装路。それも王滝のである。

やむなくペースを亀にしてダマシダマシ登る。

攣ってはいないが無理は禁物。ここは我慢。
今まで抜いていったライダー達に次々と抜き返される。

当然たけちゃんにも抜かれた。

その後つきひかりが亀で走る中、
たけちゃんに追いついたり抜かれたり。

どうやらこの方、リゾート気分で
記念写真とか補給とかで途中下車の旅を満喫しているようだ。


ええなぁ。余裕で。

最後は完全においてきぼりを食ってしまい。
CP1までたけちゃんを見ることは無かった。

目標の3時間の15分早い2時間45分でCP1に到着。

つきひかりはCP1でトイレ、給水、
ジェル補給、固形物の補給とコムレケアを呑んだ。
苦しくてジェルが喉を通らない。
無理やり飲んだケド、嘔吐いてしまった。
忙しくしている中、
同じくCP1にいたたけちゃんが先に出発したようだ。
ロクに見送れなくてスミマセン。


CP1~CP2

ここからは距離が長いけど、そんなにハードじゃない地形。
でも、CP1までの疲労が激しくペースが上がらない
ジェルを口に入れても吐いてしまいたくなるのを我慢した。

CP1を出てすぐにある登りの途中で
たけちゃんが路肩に座っていた。
足が攣ってしまったらしい。
「先に行ってください」とのこと。

たけちゃんの足攣りはいつものことなので、
どうせすぐに追いつかれる。
つきひかりも亀だし。
お言葉に甘えてさせていただいた。


その後コムレケアが効いたのか、足攣りの心配が無くなった。
ペースは依然と亀だけど、強い登りでもクルクルと回していけた。


この辺りから、同じ人の背中を良く見るようになった。

総北高校コスプレの方、
お尻がまんじゅうみたいでおいしそうな紫ジャージの方。


ずーっと抜いたり抜かれたり。
脚がおんなじなんですね。
表情も苦しそうだ。
それも同じw

後でわかったことですが、
弱ペジャージの御人は渡辺航先生本人だったらしい。
しまった話しかければ良かった!

下りで追い抜かれ登りで抜き返す。
そんな展開だったように思います。
自慢じゃないですよペース配分ができないだけなんです。


そしてそれはCP3後に・・・


そんなこんなで無事CP2に到着。
タイムは覚えてないですが、6時間にはなってなかったと思います。

CP1同様の補給を済ませ5分ほどで出発した。



CP2~CP3



10kmほどの短距離。山をひとつ越えるだけのルート。

だが、王滝は甘くは無かった。
こぶし大の石がゴロゴロ転がっている登り。
干上がった川みたいな路面状況だ。
ガーミンの勾配計が22%と表示されている。

たまらなくなってここは押し歩き。
ぜぇぜぇと息があがり、鼻水が垂れる。

なんとか登りきって長い下り。
相変わらず下りではいっぱい抜かれる。

下りヘタやなぁ~オレ。

國井選手の「曲がれる速度まで減速」との教えが心の支え。
「俺は間違ってない」と言い聞かせる。
オーバースピードはパンクと落車のリスクが高まる。

下り途中前方ライダーから「落車!!」の声。
オーバースピードで滑ったようだ。
「自分はこれでいいんだ」とより強く思うようになった。

あっという間にCP3
時間は6時間半。
これで完走は確実になったと嬉しくなって
涙がこみ上げてくる。

しかもあと1時間半以内でゴールしたら、8時間切り・・・。
ちょっと欲がでてきました。

そして禁断のアイツに手が伸びる・・・。



CP3~ゴール



実は持って走ってた補給食の中でトップテンという商品があります。


1505246.jpg


写真の右上のやつです。
ドーピングじゃないかというほどの特効薬。
誤解のないように言いますが
ただのエネルギー補給食ですw

薦められて買ったのですが、
あまりの不味さにタンスの肥やしになってました。

今回、お守りに持ってきたこいつを一気に!!
もう疲れ果てて味なんてわかりませんでした。

でも効果はてきめんでして。

疲れた足が火照ってきて体中が熱く軽くなる感じ。

おっしゃーーーー!復活や~~~!!

直ぐにバイクにまたがり、8時間切り目指してGO!!
相変わらず下りは亀だけど、登りはガンガンいける!

何人かパスして、最後の檄坂区間に。
平均20%程を2~3キロ登るのですが、
今のつきひかりは無敵!

いわゆるヤマメ乗りというやつでグングン登る。
ここでも何人も抜かし、もうすぐ登りきる直前・・・


ぴっき~~~~~~ん!!

ヤツだ・・・・あかんやつや・・・。

ヤツがやってきた・・・。


直ぐに猛烈な激痛が両足を襲う。

急いでバイクから降り・・・れないっ!!

次々に別の筋肉が痙攣を起こし。立つことも座ることもままならず。
そのまま路上に倒れた。

ドーピングで元気になったとはいえ、
疲労が無くなったわけではなかったのだ。
今まで自制していた脚を酷使していたことに今やっと気が付いた。

とはいえ時すでに遅し。
コースの邪魔になると思い倒れたまま路肩まで匍匐前進。
バイクを路肩に投げ飛ばした。

脚は容赦なく激痛をつきひかりに伝えてくる。
今まで酷使してきた復讐のように。

全く動かない脚を伸ばしても、
別の筋肉が痙攣を起こす。それを繰り返す。
曲がらない脚を手で掴んで「おりゃ!!」と無理やり曲げる。
そして、ウンコ座り。この状態が一番落ち着く。
痛みが去るのをじっと耐える。

通りゆくライダー(ここでは戦友と言うべきか)が
次々と声をかけてくれる。
自分一人が走ってたわけじゃないんだ・・・。
胸が熱くなってきました。

「歩くとマシになりますよ!」

ああそうか。
あとはゆるいアップダウンが4km。その後6kmの下りだけ・・・
あと4kmさえ移動すれば。

バイクを起こし立ち上がる。

ぴきーーーーん!

また、しゃがみ込む。

そういや電解質ラムネ持ってたな。
あるだけのラムネを口に頬張る。

しばらくじっとしてると落ち着いてきた。

バイクを起こして歩き始める。
ラムネと歩きが良かったのか、
調子が出てきたので再びバイクにまたがる。

100メートルほど登り道を走ってみる。

ぴきーーーーん!!!

今回はさっきよりも強烈なやつだ!!

ぐぁあ!

ええ年のおっさんが山中で悶える。

そんなことを数回繰り返してると、
そこで聞きなれた声が。

「あっれ~?つきさんじゃないですか?だいじょうぶですかぁ~?」

あっ、たけちゃんだ。追いつかれた。

しかし、なんとも気の抜けた声だ。
例えるなら銃弾行き交う戦場で負傷した中、
塹壕でうずくまっているところに
ピクニックに来た家族連れに出会ったような感覚。


聞くと40km地点の足攣り以降、
今のつきひかりと同じような状況だったらしい。
脚の使い方や気持ちの切り替えでここまでやってきたとか。

凄い!
今90km地点手前だから実に45kmもこの状況を耐えてきたんだ!
改めて、たけちゃんって凄いなって思った。

無負荷で回すのと歩きを使って進むのがいいとアドバイスをもらった。

しばらくお付き合い頂いていたけど、
たけちゃんには先に行ってもらった。
もっと早く先に行ってもらえば良かったと後悔。



だましだまし進む。
ようやく下りに入った。
最後の下りだ。これを下れば終わる!

しかし、ペダルに立つことのできないつきひかりは
長い下りをサドルに座って降りて行く。
当然、尾てい骨に衝撃が伝わり激痛が走る。
フルサスだったのでなんとか下れたがハードテイルだったら・・・。

パンクしている人や、落車している人を見かける。
みんなボロボロやな・・・
そう思いながら、ゴールもしていないのに涙がこみ上げてくる。

やがて、ゴール手前、徐行の表示。

やっと終わった。

ゲートをガッツポーズでくぐる。

1505243.jpg


先にゴールしたたけちゃんを発見。

手を差し出してきた。

つきひかりも手を出し
ガッツリと握手!
お互いの健闘を称えあった。

やべ、マジ泣けてきた。


こうして、SDA王滝100kmの挑戦は無事終了しました。


結果は404位/694人出走(制限時間内のゴール557人)
タイムは8時間25分55秒。
足攣りがなければ、8時間切りは現実だったでしょう。
それもこれも含めて実力なんですけどね。


1505242.jpg



5人に1人がDNF。
つきひかりも足攣りがCP3前だったらDNFだっただろうな。

結果はしょぼいけども、それ以上の感動がありました。
それが王滝の魅力なんでしょう。



来年もまた来るか!?・・・今はまだ考えたくない。
でも来るんだろうなぁ~~~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

つきさん お疲れ様でした。身体もメンタルも山あり谷ありで今までになく学ぶところ大きかったっすね~ 前半でいっちゃったので、吹っ切れてただけですよ! ますますMTB好きになったでしょ? 次回の目標は決まりましたね!

No title

お疲れ様でした!

吹っ切れるという心の持ち方も完走には大事なのかもしれないですね。
このレースはライバルやタイムとの競争もあるんですけど、
どちらかといえば、自分の弱い心の部分との戦いを
強いられるレースですね。
ネガティブ思考爆発してましたんで私。^^;

そんな自分を発見してしまいチョット自己嫌悪になってます。(*_*;

お疲れ様でした

想像を絶する自己との戦いだったのですね。
結果は二の次ですよ。
また来年への闘志に(*^^)v

No title

いまいさん

ありがとうございます。
ブログに書き殴ったら、だんだん辛い思い出が薄らいできました。
来年に向けて進んでいこうと思います。
プロフィール

つきひかり!

Author:つきひかり!
健康診断に引っ掛かり、慌てて体を動かしはじめました。
2008年にロードバイクを購入。
週末のポタリング中心でしたが、2009年春からジテツウを開始。
同時にどこまで自転車に乗れるかマイペースながら挑戦をしています。
もともと天体観測やラーメンが好きな文化系のおっさんがどこまで成長できるか!?

通勤にはクロスバイクのTREK7.3FX、ロードバイクはピナレロF3:13に乗っています。

2010年に

メインバイク F3:13→KUOTA KEBEL
通勤、ポタ 7.3FX→GIANT SCR2
お買い物用 7.3FX

に変わりました。
どれもイイ自転車です。^^


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード